仙台で警備員が保育士補助に転職する長所と短所

仙台で警備員が保育士補助に転職すると、頼りにされる、やりがいを感じやすい、夜勤しなくて済むなどの長所があります。

面接の際に転職前の説明をすると、採用された時は、主に園児達の警護が仕事になると想定されます。例えば、保育園や幼稚園の園児達は、午後になるとお散歩の時間と称して外を歩くことがあります。その時は保育士達は周囲が安全か何度も確認する必要がありますが、警備員の仕事をした経験があると、その状況に適した仕事が可能になります。

また、保育士補助は園児達を守っていることでもあることから、仕事をしているとやりがいを感じるのが特徴です。時間が経てば転職をしたのは正解だったと考えてもおかしくありません。あと、警備員には夜勤がありますが、保育士補助は日勤のみなので身体を夜に合わせなくて済みます。

短所は仙台で募集に応募しようとすると先を越されやすい、園児が顔を見ると泣くなどです。仙台の保育士補助の求人は、無資格でもできるため、人気が集まりやすいのは仕方がないです。誰かに先を越された時は、次はとられないように心がけるべきです。

安定所が無理だった場合は、ネットの求人広告を探してみるのも良い手法です。また、園児が顔を見ると泣いてしまうのは、顔が警備員時代のままだからだと思われます。警備員をしてるなら厳しい顔つきでも問題ないですが、園児達がいる環境では、笑い顔が必要です。鏡の前で笑顔を作る練習をしたり、面白い本を読んだりして笑う習慣をつければ、自然と顔が柔らかくなります。

JACリクルートメントについてならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です