仙台で土木作業員が大工に転職する長所と短所

仙台で土木作業員が大工に転職すると、共通点がある、すぐに高給になる、空気が美味しいなどの長所が期待できます。

求人の面接で、転職前に土木作業員をしていたと話せば、即採用される可能性があります。家を建てる際の技術はないですが、コンクリート舗装や側溝を設置する知識はすでに身についているので、教わる必要がないです。そのため、即戦力として活躍してもらえると判断したのが即採用の理由です。

また、家を建てる際の技術を吸収していくと、徐々に給料が上昇していきます。早ければ1年後には、ベテランとして扱われるようになるかもしれないです。ただ、そこまでいくにはそれなりに努力が必要なので注意です。あと、仙台は自然が残されている地域が多いため、身体が動かしやすいと感じてもおかしくないです。

休憩時に深呼吸をしたりすると、身体によい空気が入っていくので、身体の調子をよくしてくれます。短所は転職前より仕事がきつい、仕事先がどこかわからないなどです。大工の仕事は高所に上ったり、重い物を持ち上げる機会が多いため、最初はきついと考えても不思議ではないです。

頑張って仕事を続けていれば、最適な動きができるようになり、身体が疲れにくくなっていきます。また、仙台内をあちこち移動して家を建てるのが仕事なので、依頼先がわからず迷ってしまうのはよくある話です。その時は、親方の携帯電話に連絡を入れて現場の場所を教えてもらうといいです。親方に怒られると思われますが、怒るのは心配しているからなので気にしなくていいです。

JACリクルートメントについてならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です